美穂の家の人づくり
■美穂の家の職員
 
■美穂の家 沓谷
IMG_3119content_staff_img_003IMG_3053IMG_3099  
■美穂の家 押切
IMG_1403-e1461769240725望月IMG_4070 (2) IMG_4063IMG_4157三和子さん  
■コミュニティー美穂の家(居宅支援事業所)

 

美穂の家・社員研修

 
  • 私ども美穂の家では、会社の理念を具現化するために、月に一度社員研修を行っております。
 
  • 介護職員としての技術や知識の習得だけでなく、
 
  • 職員の「人間力」を高めるための勉強会です。
 
 
 
 
 

2020年3月17日

1.理念唱和

2.宿題考査

テーマ:「さく」  課材:円盤型灰皿

それぞれのイメージした「さく」の作品が並びました。

田島社長より、

色々な「さく」があって素晴らしい。

「何を使ったらこうなるの?」

「こうするにはどうしたらいいんだろう」と

考えることが大事とのお話がありました。

 
【作品紹介】

「裂く」と「桜島・桜島大根・柵」

 
灰皿をカットしたり、曲げた作品。

 
「大根を切る音、サクッ」

 
「作品」や「愛する桜井さん」

 
「桜」や「咲く」



 
「柵」や「搾」

 
 
 
3.羊毛フェルトで作品制作

1時間かけて、チクチク。

なかなか形にならず難しいものでした。

 
4.課題発表

テーマ:「ふく」  課材:洗濯ばさみ

ふく・フク・拭く・福・服・吹く

噴く・葺く・腹・伏・覆・・・・・

色々な「ふく」からどんな作品が出来上がるのでしょうか。

 
 
 

2020年2月18日

 
1.理念唱和

 
2.宿題考査

テーマ:「め」  課材:網

田島社長より、「今年は、無限大の想像力を見たいと思い、課題を考えています」

とのお話がありました。

1枚の焼き網をベースに、同じものが一つもない、

作品になっています。

 
網目を障子の桟に見立てて「壁に耳あり、障子に目あり」や、

自分の経験から、「目のチェックシート」を作ったり、

布で作った「目刺し」は、すぐ飾れそうな作品です。

 
拾った眼鏡や、ふわふわのバスマットを使った作品、

傷を負いながら、切ったり曲げたりした作品もあります。

 
3.生花アレンジメント

テーマ:「春のアレンジ」

 
基本のガーベラ、スイトピー、グリーンに、

自分の好きな花をプラスして、作品を作りました。

 
一人ずつ、田島社長より総評をいただきました。

今の自分の気持ちが、作品に表れていることを学びました。

全員の作品をご覧ください。

 
4.課題発表

テーマ:「さく」  課材:円盤型灰皿

「さく」???

咲く、裂く、策、作、柵、昨、索、割く、削、錯、搾、冊・・・・・

 
今年は、一つの課材から自由に想像すること。

子供の心を持っていると発想が自由になることを学びます。

 
 
 
 

2020年1月21日

 
1、理念唱和

 
 
2、宿題考査
テーマ:「ほっこり」  課材:毛糸

一つの毛糸玉から、職員それぞれの「ほっこり」があふれています。

 
3、書き初め

手本の中から好きな言葉を選んで、筆で書く。

 
今年一年の思いを込めて、真剣に取り組みます。

 
4、お茶会

「季節の和菓子」とお点前の作法を学び、薄茶を立てる。

 
春の和菓子

 
 
うまくお茶を点てることは難しいことでした。

 
先生のお点前は美味しそうです。

 
5、課題発表

テーマ:「め」  課材:網

色々な「め」があります。

目・眼・芽・女・雌・・・

○○目など。

ユニークな作品が出来そうです。

 
 
 

2019年12月21日

「クリスマス&忘年会」

 
1年間の研修を振り返り、作品展も行いました。

課題作品を鑑賞したり、

個人の作品も展示しました。

 
課題考査は、田島専務へのサプライズ。

コースターで、お誕生日プレゼント。

 
 
職員一人一人から、プレゼントしました。

全員で、記念撮影。

令和2年も、よろしくお願いいたします。

 
 

2019年11月19日

 
・宿題考査

テーマ:「ねこ」  課材:発泡スチロールブロック

 
・ドライフラワーを使った壁掛けづくり

生花とは違うシックな雰囲気の作品が出来ました。

 
・課題

今回は、サプライズのための課題です。

 
 
 

2019年10月20日

「ハロウィン仮装パーティ」

・課題考査

介護事業、お花屋さん、本部の職員が4つのグループに分かれ、

ハロウィンパーティーの装飾を考えました。

各グループとも、

装飾に合わせ仮装も披露。

楽しい時間を過ごしました。

 
・課題

テーマ:「ねこ」  課材:発泡スチロールブロック

 
 
 

2019年9月17日

 
 
・課題考査
テーマ:「商品パッケージを作る」
「プレゼンを考える」

テーマに沿って商品開発、

そのコンセプトに合わせて

パッケージを作りました。

自分の商品とパッケージで、

田島社長にプレゼンを行いました。

すぐに、商品化できそうなものや、

パンダとの商取引を想定した

ユニークな商品提案がありました。

 
・課題

テーマ:「ハロウィンパーティー装飾」

 
 
 

2019年8月

・浴衣で「納涼会」

7月に浴衣の着付けを学びました。

浴衣姿で集合し、楽しい時間を過ごしました。

 
 

2019年7月22日

 
・課題考察

テーマ:「花火」    課材:ビニールバック

花火を描いたバックが色とりどりにそろいました。

 
・浴衣の着付けを学ぶ

帯の種類を学び、

着付けの実習を行いました。

来月の納涼会に向けて、

各自、自主練です。

 
・課題

「商品パッケージを作る」

「プレゼンを考える」

 
 
 

2019年6月18日

 
 
・課題考査

テーマ:「雨」  課材:金魚鉢

 
 
・「君が代」のお話

 
・フラワーアレンジ

同じお花を使っていますが、

仕上がりには、その時の

心理状態などが表れているそうです。

 
 
・課題

テーマ:「花火」  課材:ビニールバック

 
 
 
 

2019年5月21日

 
 
・課題考査:課題文を読んで、絵を描く

課題文:「自反尽己」
自反尽己とは、自らに反(かえ)り己を尽くすことである。といってもいまひとつ分かりにくいかもしれない。平たく言えば、自反とは指を相手に向けるのではなく自分に向ける。すべてを自分の責任と捉え、自分の全力を尽くすことである。  自反は孟子がよく説いた言葉である。『孟子』にいう。 「ここに人有り。その我を持つに横逆(おうぎゃく)を以てすれば、則ち君子は必ず自らに反るなり」  ここに一人の男があって、自分に対して非礼無礼な態度を取るとしたら、相手を批判するのではなく、有徳の人は必ず自分を反省する、というのである。
 十二年籠山行(ろうざんぎょう)の満行者、宮本祖豊(そほう)さんからうかがった話が忘れられない。  禅の名僧、山本玄峰(げんぽう)師があるところで講演した。それを聴いていた刑務所の所長が、この話をぜひ受刑者たちに聞かせたいと思い、刑務所はすぐに近くだから、ちょっと話をして欲しいと頼んだ。だが、次の予定があると侍者(じしゃ)は断った。玄峰老師はそれを制して、十分くらいなら、と刑務所に立ち寄ることにした。  にわかに集められた受刑者たちは、ざわめいていたが、その人たちを前に玄峰老師は開口一番、「済まんかったなあ」と謝ったという。仏法という素晴らしい教えがあるのに、坊さんが怠けて広めないでいるために、皆さんにこんな不自由をさせてしまっている。本当に申し訳ない、と詫びたのである。会場は静まり返り、涙する姿があちこちで見られたという。  見知らぬ人たちが罪を犯したことも自分の責任と捉え、自分ができる精一杯を尽くす。玄峰老師は自反尽己に徹した人であった。
課題文を、読み込んで、

各自の思いを、描きました。

 
・課題

テーマ:「雨」  課材:金魚鉢

 
 
 
 

2019年4月16日

 
 
・課題考査

「ペーパークラフト」

屋根がついていたり、

テラスガーデンがあったり、

かわいいお客さんがいたり。

レベルが高い作品の勢ぞろいです。

 
 
・マズローの欲求5段階説

田島専務より、マズローの欲求5段階説を学びました。

 
・課題:課題文を読み、感じたことを絵に描く。

「自反尽己」

 
 
 
 

2019年3月19日

 
・課題考査

課題:木製工作

車、飛行機、ヘリコプターなど、

木製パーツを組み立て

思い思いにカラーリングしました。

同じイメージの物が一つもありません。

 
・ぼたもちづくり

おやつレクに役立つ、ぼたもちづくりの実習。

「ぼたもち」と「おはぎ」の違いも学びました。

 
・課題:ペーパークラフト

 
 
 
 

2019年2月19日

 
 
・宿題考査

日頃、利用者様の塗り絵を、

何気に見守っていますが、

いざ、自分で始めると難しい。

同じ素材なのに、全く違う仕上がりです。

新たな発見です。

 
 
・雛飾り制作

お家で飾っています。

 
・課題:「木製工作」

 

2019年1月22日

 
 
・書き初め

4つの言葉から、好きな言葉を選び、

色紙に書き初めをしました。

 
・課題:塗り絵

 
 
 
 
 
  • 2017年10月17日

 
  • 1、「守(修)」・「破」・「離」の教えと「あいだみつを」の言葉から      2、「記録の役割を知ろう」
 
 
  • 3、季節のアレンジ
 
  • アレンジから見て取れる「思い」と介護施設でレクとして行う「アレンジ」
 
 
 
  • 2017年9月19日

 
  • 1、「サービス提供表」について2、DVD「神風」「鷹の選択」の鑑賞
 
  • 美穂の家・人財育成プロジェクト

      • 目 的 「最高の思いやりを持ちあえるチームづくり」
      • ねらい  職員一人ひとりの自立と相互支援
      • 内 容

    第1講 始り

    第2講 聴く

    第3講 理想の会社

    第4講 チームワーク

    第5講 価値

    第6講 プレゼンテーション

     
    【第1講】

    仲間のことを知るには、自分を表現することから「始る」

    第1講写真①第1講写真②

     
    【第2講】

    コミュニケーションとは「聴く」事から

    第2講写真②第2講写真①

     
    【第3講】

    理想の会社、チームのあり方とは

    第3講写真①

     
    【第4講】

    チームワークとは

    第4講写真②第4講写真①

     
    【第5講】

    自分の価値に気付く

    第5講写真①第5講写真②

    【第6講】

    プレゼンテーション「職員が描く美穂の家の未来」