おやつレク〜機能訓練も兼ねたずんだ白玉作り〜
おやつレク〜機能訓練も兼ねたずんだ白玉作り〜
 
みなさん、こんにちは。

東海地方も無事に梅雨が明け、

暑い日が続いています🥵

先日、7月のお盆を迎えました。

福島県出身の職員渡邊さんより、

「ずんだ餅って食べたりしますか?」

という話が出ました。

 
渡邊さん曰く、

夏のお盆の時期には、

まめずり(ずんだあん)のおはぎを作って、

お盆で集まった親戚の方々と

食べていたそうなんです。

 
 
静岡では、ずんだ餅を食べる習慣がなく、

利用者様も食べたことがなかったり、

名前は聞いたことのあるものの、

どういうものなのか知らない方もいらっしゃいました。

 
 
 
ということで、

簡単に出来る白玉粉を使い、

ずんだ白玉を作ることになりました!

 
 
 
 
ランキングに参加中です

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

↑クリックしていただくと

10ポイントが入ります。

ぜひ、応援をお願いいたします。

(現在、デイサービス部門443サイト中 第3位です)

 
 
ずんだ餅とは、すりつぶした枝豆を餡に

用いる餅菓子で、南東北、特に宮城県を

中心にした地域の郷土料理です。

福島県福島市では「まめずり」と呼ばれています。

(インターネット記事参照)

 
 
 
白玉団子を作るチームとずんだ餡を作るチームに分かれて作っていきます。

 
<白玉チーム>

 
 
まずはじめに、

白玉粉・お豆腐・お水を調整しながら

耳たぶぐらいの柔らかさになるまで

こねていきます。

 
少しの水分の違いでゆるくなってしまい、

形が作れなくなってしまうので、細心の注意が必要なのです。

 
 
     
やわらかさが決まったら、今度は丸めていきます。

 
皆さんお月見の時に作る、

へそ餅をイメージしながから

形を整えてくださいました。

 
 
そしたら最後の大仕事。茹でる作業です。

 
 
お鍋の中に白玉を入れていき、

浮かんできたものは火が通った合図なので、

一つ一つ丁寧にすくっていきます。

氷水で冷やして餡ができるのを待ちます。

 
 
<ずんだ餡チーム>

 
まず初めは、

茹でた枝豆をさやから取り出す作業です。

取り残しのないよう、一つ一つ丁寧に実を出していきます。

 
この作業は、指先の機能訓練になります。

 
さやから実を取り出したら、

今度は枝豆の薄皮を取っていきます。

「あれ、外に飛び出しちゃったよー」

「きれいな色してるねー」

「これはなんて豆なのかねー」

独り言が多い作業です。

 
 
この薄皮が残っていると食べた時の舌触りが悪かったり、

潰す際に残ってしまうそうです。

 
細かな作業も夢中になってやるうちに、

指先は滑らかに、動いているのです。

「この手袋やりにくいねー」

はいはい、次はぴったり手袋をご用意させていただきます。

 
 
全て綺麗に取れたら

今度はすり鉢で枝豆を潰していきます。

豆の食感が残りしかもつぶれている状態を目安に潰していきます。

 
 
 
楽しすぎて、すり鉢を抱えて離さない。

「順番よー」の声にも無反応。

ここは優しく「次の人にも手伝ってもらいましょうね」

「そうね、順番よね」と言いながら、

すりこ木は手からなかなか離れていかないのでした。

 
味はお砂糖と少量の塩で整え、

ずんだ餡の完成です!

 
ではいよいよ!!

完成した白玉と餡の盛り付けです。

 
 
沢山できたずんだ餡をたっぷりと乗せました。

 
皆さん出来上がったずんだ餅を見て、

「いい色だね!」

「枝豆の香りがするね!!」

と食べる前からワクワク😍

 
 
 
お茶と一緒に美味しくいただきました😋

 
生の枝豆が販売されている今だからこそ、

渡邉さんの「次はいつやりましょうか?」

「明日もやろうよー」」

 
静岡にはない季節の味を

楽しんでいただけました。

 
暑さもますます厳しくなってきます。

熱中症にも気をつけながら、季節の行事を

皆さんと一緒に、楽しんでいきたいと思います。

 
いつもありがとうございます。

 
美穂の家・押切    石川